石川雅夫 草木染展~桜とともに~ 2021年3月26日(金)~4月14日(水)


この時期恒例、石川雅夫氏の草木染展示会を開催いたします。

石川氏は、自然豊かな永平寺町の工房で、暮らしを大切にしながら日々制作されています。長年制作されている草木染は当初と比べると優しい色調に変化し、日々進化し続けています。

毎年早春には工房にある江戸彼岸桜を使い、桜染をされます。

春の展示会では、桜染を中心に、春色の色彩で会場を彩ります。洋服をはじめ、ストール、暖簾、タペストリー、及び小物などを展示いたします。


●石川雅夫(永平寺町在住)

1946年 千葉県生まれ。

1988年 福井市(旧美山町)に移り作家活動に入る。

1998年 永平寺町(旧上志比村)に「工房 風雅」を開設。

現在は、制作活動を行う一方で、福井市自然史博物館の講師やサークル活動の教室の指導にあたっている。


●草木染教室 --季節限定

桜 染:ストールを桜ピンクまたは、グレーに染めます。

講 師:石川雅夫

日 時:4月7日(水)、14日(水)13:30~15:30

参加費:3,000円(材料費込み)

ふくい工芸舎

毎月1~2回テーマを替えて、福井で活躍している作家を中心に日々の暮らしの中で使っていただきたい工芸作品や、暮らしに彩を添えてくれる絵画など、手作りのぬくもりを感じていただける作品展を開催し、展示販売しております。 また、常設展示作品として、越前焼、越前和紙、漆器、草木染、ガラス、七宝、木工など素敵な作品を展示販売しております。

0コメント

  • 1000 / 1000