展示会案内

越前市に工房を構え作陶されている、岩国英子氏の個展を開催いたします。

作家の個性あふれる陶彫、花入れとあわせ、日常使いの器も展示いたします。

●——-——-———-
 トークショー
——-——-———-●

日 時:3月31日(日) 午後3時~ 30分程

「おんなじ空の下」への想いを語る


【だしもの】————————————————

まさに岩国英子の動きある陶彫。ユニークな花器も楽しめる。作陶歴40年の器も面白く使いやすい。


【プロフィール】——————————————— 

子供の時から泥あそびが好き。高校時代から反戦を胸に社会にも向き合い、

30歳、首都圏から福井に移住、以後古民家の工房で40数年。ベロ亭やきものキャラバンを1981年から30年間、米谷恵子と共に全国600か所で展開、独自のネットワークを紡ぐ。

個展もペルークスコ市、東京や地元福井をはじめ各地で多数。

77歳が目前だが、体力の限界にもめげず創作意欲は失わない。

一人一人の創意を生かす凸凹陶芸教室を鯖江と敦賀で10年継続。

まさに異文化の「ラテンアメリカ民衆陶芸ミニミュージアム」を工房で主宰。

著書『土器の唄がきこえるか・ラテンアメリカやきものの旅』

中西惠美子氏による展示会を開催いたします。

マーブル染の作品を中心に、墨染、手織のストールおよびブローチなどの小物も展示いたします。

また、森和美氏のポリマークレイのアクセサリーもあわせて展示いたします。

色とりどりの作品をお楽しみいただければ幸いです。

マーブル染とは、専用の液体に染料を浮かべ、櫛や箸などで水面を動かし模様を作り、その時々の瞬間の模様を生地に写し取る染め物です。

一つして同じ模様がなく、色のバランス、使用する色、水面の動かし方を変えれば様々な模様が表現できます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴

【ワークショップ】チクチク、ブローチを作ります

講 師:中西惠美子

日 時:3月12日(火) 13:00~16:00(随時)

参加費:1,200円

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴


福井県内で作陶されている陶芸家6名による「マグカップ・カップ」のグループ展となります。

コロナ渦で定着した「おうち時間」。

忙しい日々、自分らしく自分だけの時間を一番に考え、一人で好きなことをして過ごす「私時間」。

それぞれの時間が豊かに、美味しく、楽しんでいただけますよう、

また、大切な方への贈り物としてお気に入りの「マグカップ・カップ」を見つけていただければ幸いです。


◆ 出展 ◆・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・

大森正人(陶彩窯)

もうりゆかり。(夕陶房)

吉田雄貴(豊彩窯)

山田宗兵衞(陶や)

北﨑立夏(RICCA KITAZAKI)

尾浪晶世

福井県内で作陶されている陶芸家6名による「ごはん茶わん」のグループ展となります。

コロナ渦で定着した「おうち時間」。

忙しい日々、自分らしく自分だけの時間を一番に考え、一人で好きなことをして過ごす「私時間」。

それぞれの時間が豊かに、美味しく、楽しんでいただけますよう、

お気に入りの「ごはん茶わん」を見つけていただければ幸いです。


◆ 出展 ◆・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・─・・

大森正人(陶彩窯)

もうりゆかり。(夕陶房)

吉田雄貴(豊彩窯)

山田宗兵衞(陶や)

北﨑立夏(RICCA KITAZAKI)

尾浪晶世

━━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━━

2023年11月24日(金)~2024年1月8日(月・祝)

年末年始休業 12/30~1/3

━━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━━

この時期恒例の展示会といたしまして、2024年度の干支「たつ(辰)」の作品を展示いたします。

干支は縁起物として、年男・年女の方にはもちろん、コレクション用、お正月用、プレゼント用にと幅広く親しまれております。

辰年は「龍」の年として知られ、力強いシンボルとして幸運を呼ぶとされているそうです。

今回の展示会では、陶器、ガラス、張子、竹人形などの立体作品とあわせ、書彩、絵画など額装作品など、様々なジャンルの「たつ(辰)」を展示いたします。

会場にてお気に入りの作品を見つけていただければ幸いです。


※アンケートにご記入いただいたお客様に、抽選で出展作家の素敵な作品をプレゼントいたします。プレゼント作品は会場にてご覧になれます。


◆ 出展 ◆----------------------------------------------------

陶  器:泉洋子 大屋宇一郎 北﨑立夏 宗倉克幸 

     もうりゆかり。 吉田豊一 吉田雄貴

ガラス :市川硝子製作所 金津創作の森ガラス工房

七  宝:日芳隆子 山村倫代

書  彩:武内圭崖

草木染 :石川雅夫

イラスト:ひらたゆうこ

石粉粘土:くすのき亜矢子

フエルト:南里たい子

竹人形 :山岸高音

張り子 :happo

絵  画:ひであつ

九  谷:東早苗


一乗谷朝倉遺跡近くに窯を構え作陶されている、ふじのまさ代氏の展示会を
開催いたします。

季節の移ろい、時間の流れ、その時々の気持ちや生活を大切に、作品一つ一つに
想いを込めて制作されています。

展示の作品は薪窯で4~5日(約100時間)ほどかけ焼成された、灯りとり、香合、
お地蔵様などを展示いたします。

自然釉の景色、土味を感じていただければ幸いです。

※作家在廊日:10月13日(金)・20日(金)・27日(金)

石川雅夫氏の草木染展を開催いたします。

石川氏は、自然豊かな永平寺町の工房で、暮らしを大切にしながら制作されています。

洋服をはじめ、ストール、暖簾、タペストリーおよび小物など様々な草木染の作品を
展示いたします。

優しい風合いの草木染。

自然からの色を愉しみ、暮らしの中に取り入れていただければ幸いです。

-----------------------------------------------------------------------

◆草木染教室/茜染◆

ストールをピンク、もしくは赤に染めます

講 師:石川雅夫

日 時:10月11日(水)・25日(水) 

    13:30~15:30

参加費:3,500円(材料費込)

お問合:0776-30-0054 ふくい工芸舎まで

---------------------------------------------------------------------

鯖江市に工房を構え作陶されてる陶芸家・もうりゆかり。氏の個展を開催いたします。

「あたまの中の世界」と題しまして、言葉では表現できない、説明できない、

作家のあたまの中にいる空想の生き物、変な生き物たちの立体作品を中心に

展示いたします。

あわせて顔の器も展示いたします。

もうりゆかり。ワールドをお楽しみいただければ幸いです。

七宝焼作家・山村倫代氏とスタンプアート・egaku stamp(KANA)氏によるコラボレーション展となります。


月の桂とは、キンモクセイのこと。9月から10月にオレンジ色の花をつける秋の植物。その香りは秋の訪れも感じさせてくれます。

月の桂を中心に春、夏、秋、冬の四季折々の花、モチーフをテーマに作家それぞれの作品を展示いたします。


山村倫代氏は、壁面の作品とあわせペンダント、ブローチなどのアクセサリーや小物などを展示いたします。

egaku stamp(KANA)氏は、額装作品、ポストカード、消しゴムはんこなど展示いたします。


◆山村倫代/七宝焼  ※会期中在廊日/9/2(土)・9/8(金) 10時~15時

触れていたくなる七宝焼き。

眺めていたくなる七宝焼き。

そんな七宝焼きを身につけたり、飾ったり。

ちょっと自信がもてたり勇気がでたり。

~ひとつひとつ心を込めて制作しています~


◆egaku stamp (KANA)/スタンプアート

草花を使ってスタンプすることを「花たく」と名付けて遊んでいます。

どうなるかわからないことがとても楽しい創作です。

予測していたとしても、繊細な葉脈が紙に写された瞬間、

嬉しくてはしゃいでしまいます。

草花との交流のステキな時間をお裾分けできたらと思いながら、

小さな庭からの手紙を届ける気持ちで作品を作っています。

ごじら工房・内藤秀信氏の越前和紙を使用したペーパークラフト作品を展示いたします。


内藤氏は、文房具店を営む傍ら、巨大ペーパークラフトのモデラー・造形作家としても活動されています。

時里嶺氏がペーパークラフトの設計を手掛け、内藤秀信氏が大型作品を制作されています。


今回の展示会では今まで手掛けてきたすべてのペーパークラフト作品を展示いたします。

石川雅夫氏の藍染展を開催いたします。


石川氏は、自然豊かな永平寺町の工房で、暮らしを大切にしながら制作されています。

洋服をはじめ、ストール、暖簾、タペストリーおよび小物など藍染、藍の生葉染の作品を

中心に展示いたします。


藍染は昔から浴衣、野良着、寝具などを染め、暮らしの中に取り入れられてきました。

古来から多くの効能を持つ薬草として重宝され、藍染の消臭・防虫・抗菌などの効果などもあるとされています。

是非、「藍染」の魅力を感じていただければ幸いです。 


◆草木染教室【藍染】

講 師:石川雅夫

日 時:7月12日(水)、26日(水)

     13:30~15:30

参加費:3,500円(ストール材料費込) 

福井県内で活動されている陶芸家とガラス作家による展示会を開催いたします。

一輪挿し、花入れなど草花を生けるうつわ、

カップ、小鉢、皿など日常使いに使ってほしい夏のうつわと、

あわせて夏をイメージした青のうつわも展示いたします。


いいだくにこ(陶)

北﨑立夏(陶)

尾浪晶世(陶)

市川硝子製作所(硝)