おさごえ窯 ふじのまさ代 「灯り・香り・祈り」と「プラネットの世界」 2021.4.16~5.2(日)

一乗谷朝倉遺跡近くに窯を構え作陶しておられる、ふじのまさ代氏の展示会を開催いたします。

灯りとり、香合、及びお地蔵様を中心に制作し、季節の移ろい、時間の流れ、その時々の気持ちを大切に、作品一つ一つに想いを込めておられます。

すべて作品は薪窯で4~5日(約100時間)ほどかけ焼成していきます。窯に入れる薪の本数、時間を調整し、初めは800度から、1000度、本焼きでは1200度まで上げ、器に掛かった灰を釉薬に変化させていきます。絶えず薪を入れ、まとまった睡眠がとれない窯焚きは大変に体力を使う作業ですが、窯から作品を出すときはとてもワクワクするそうです。

今回は、テーマの「灯り・香り・祈り」の作品を中心に、最近手掛けておられる「プラネットの世界」を表現した作品も展示いたします。主に灯りとり、花入れ、お地蔵様となります。

自然釉の景色、土味を感じていただければ幸いです。

ふくい工芸舎

毎月1~2回テーマを替えて、福井で活躍している作家を中心に日々の暮らしの中で使っていただきたい工芸作品や、暮らしに彩を添えてくれる絵画など、手作りのぬくもりを感じていただける作品展を開催し、展示販売しております。 また、常設展示作品として、越前焼、越前和紙、漆器、草木染、ガラス、七宝、木工など素敵な作品を展示販売しております。

0コメント

  • 1000 / 1000